期間工

お金を短期で稼ぐなら期間工がおススメ

農業のお仕事をされている方は、農業期になる前に期間工として働いてみてはいかがでしょうか。期間工とは、その名の通り期間限定で働く期間従業員のことです。農業のお仕事をされている方など季節ごとに閑散期がありその時期によって時間を持て余されている方が希望することが多いです。大手の自動車メーカーや製造工場の生産が活発になる時期の募集が多くなります。派遣社員ではないのかという疑問を持つことが多いかもしれませんが、期間工は会社によって直接雇用されます。派遣会社から派遣されるわけではありませんので派遣社員というカテゴリではありません。期間工の求人の多くは他の求人と比べて給与が高いので目を引いてしまいます。しかし反対にその仕事内容や待遇に関して明確ではない部分もあるのでそれを理由に応募を躊躇することもあると思います。ここでは期間工で働くメリットとデメリットについて説明していきます。

期間工のメリットとデメリットは?

まず期間工のメリットについてです。ある求人を参考にすると月収は30万近くもらえるようです。これだけあれば十分に生活できます。次に福利厚生ですが自宅通勤が不可の場合無料で寮に住むことができます。さらに休憩時間の食事が無料など大きなメリットです。さらに寮といっても細かいルールなどはないたえ一人暮らしをすることと大きな違いはありません。自分で家を借りると家賃のほかに光熱費などもあります。それが浮くことになるので貯金に回せたり欲しいものも買えます。あまりお金を使うことなく生活することができるでしょう。次にデメリットです。期間工は交代制で働く事がおおく週ごとに昼勤と夜勤を交互に行います。そのため、働き始めてすぐのころは休みの日は生活リズムを整えるのが大変だという方もいます。

期間工は実際のところ働きやすいのか?

期間工で働く場合のメリットとデメリットについて説明してきました。イメージは湧いてきたでしょうか。ここまで読んでみてもなかなか期間工で働くという勇気が持てず、どうしようかと迷う人もいると思います。実際に、期間工になろうという人は長期的ではなく短期でお金を稼ぎ、夢をかなえるための資金にしようという人が多くいます。確かに期間工は長く働くイメージではありません。次の人生へのステップのためと考えて選ぶことが多いです。また、反対に期間工を経て正社員になることも可能です。必ずなれると約束されているわけではありませんが、それを目標に頑張るというのも一つの選択です。どちらにしても、一度自分の人生で何をどうしていきたいかを考えてメリットとデメリットも考慮して期間工で働くかどうかを決めましょう。