専門知識を短期で取得するなら期間工

派遣社員と同じような働き方に期間工という働き方があります。期間工は、企業の従業員だけでは人手が足りなくなるような繁忙期等に企業が直接募集する従業員で、正式には期間従業員と呼ばれています。派遣会社ではなく企業に直接雇用されるので、任用期間には限りがありますが、各種手当や福利厚生が充実しているという嬉しい特徴があります。入社祝い金や皆勤手当、満了慰労金や報奨金が出る企業もあります。期間工を募集している企業は自動車や航空機、電気機器等を生産する会社が多く、期間工に採用されると、製造過程の一部を担当することになります。任用期間中は同じ作業を行うことがほとんどのため、複数の知識や技能をたくさん取得することはできませんが、1つの作業過程において必要な知識や工具の扱いなどについて熟知することができます。

期間工の働き方の特徴を利点にしましょう

期間工は企業から直接雇用され、各種手当が充実しているのが魅力ですが、最長で一つの会社に2年11ヶ月しか従事できないという制約があります。他の会社の期間工には応募できますが、同じ企業で続けたい場合には半年経過後に再度雇用手続きを踏むことになります。また、雇用期間は初めから2年11ヶ月あるのではなく、3か月から6か月ごとに更新手続きが行われるようになっています。雇用期間中に自己都合で勝手に辞めたりすると、同じ系列の会社に従事することは難しくなるので、長く続けられるかわからない場合には、最短の雇用期間を確認して応募し、その期間は全うできるようにしましょう。期間工を採用している企業の多くは、1年以上継続して雇用した期間工の中から、正社員を登用しているので、正社員を目指すワンステップとして期間工にチャレンジするのもよいです。

期間工に求められる労力をメリットにしましょう

期間工で担当する作業は工程ごとに異なるので、経験してみるまで自分に合っているかわかりませんが、体力に自信があれば、性別、年齢、学歴を問わずチャレンジすることができます。ただ、期間工は繁忙期こそ求められるので、残業や夜間勤務、早朝勤務が当然のようにあります。もちろん相応の手当てがつくので魅力でもありますが、就寝時刻が変則的になると寝付けないという人は体力的にきつくなることが予想されるので、勤務体制をよく確認して応募しましょう。このように、期間工は就業時間が変則的で残業も多くなるため、寮が完備されている所がほとんどです。寮での生活費用はほぼ会社が負担してくれるほか、光熱費や食費の一部を負担する程度でよい所が多いので、一般に自炊をするより、生活費をかなり浮かせることができます。