物があふれたらまずコンテナレンタルを考えよう

生活を続ける際に必要最低限の物だけだと、つまらない毎日を過ごすことになります。釣り竿やサーフィンボード、ウィンタースポーツ用のスキー道具やスノーボードなど、趣味で使うものを所持して活用すれば、生活に潤いが出ます。仕事に関しても同様です。副業を営んでいると、自宅に仕事で必要な物がたくさんあふれるようになります。たとえ小さなものでも在庫を確保しなければならないため、置くスペースがある程度必要になってきます。自宅に置ききれないほど物があふれてしまったら、とりあえずコンテナレンタルに預けてみましょう。このサービスは屋内の一室や、屋外の倉庫のようなところで物を預かってくれるサービスになります。自宅以外のところに物を置けるようになることから、すっきりとしたスペースで生活を続けることが可能になります。

コンテナレンタルの種類は大きく分けて2つ

コンテナレンタルは貸倉庫やトランクルームとも呼ばれています。屋外に設置された倉庫に預けるタイプ、マンションやビルなどの屋内の一室を借りるタイプの2つが主流です。屋外の倉庫のほうが物を保管できるスペースが広く、屋内タイプは8畳くらいの大きさまで対応するタイプが目立ちます。別の種類の分け方として、営業倉庫と不動産会社のサービスの2種類が用意されています。営業倉庫は物を預けることに特化したサービス内容であり、預けた物に対する保管保証があるため安心感があります。荷物の出し入れには時間帯の制限がある点に注意が必要です。不動産会社のサービスは賃貸契約による利用が主です。会社によって自由度の高いサービス内容になっており、24時間荷物を出し入れできる場合もよくあります。

引っ越しや災害時の保管用としても便利

自宅で普段使わない物をコンテナレンタルに預けてしまえば、居住スペースが確保され、過ごしやすくなるメリットがあります。それ以外にもメリットがありますので、覚えておくと損をしないでしょう。引っ越しの際に、意外にもコンテナレンタルが役に立ってくれます。新居への入居日が少し先になるという場合に、一旦コンテナレンタルに家具や家電を預けておくといった緊急時の対応が可能です。引っ越しだけに限らず、リフォームで物を置く場所が制限される場合にも、コンテナレンタルに預けておくと便利です。自然災害が発生した場合に、大切な物を汚したり破損させないためにも、コンテナレンタルに預けておけば被害を食い止めることができます。防災用品や予備の家電、衣服などをコンテナレンタルに預けておくと困ったときに対応できます。